妊娠・出産

出産費用はいくらかかるのか?パパによる徹底検証!その2:出産時の費用(病院費用)

どうも、かわ吉です!

ママのお腹が大きくなって行くことに、生命の神秘を感じずにはいられなかったかわ吉です。

今回は、出産時の費用(病院費用)についていくらかかるのかについて、検証します!

みなさんが出産費用と聞いたときに想像するのはこの費用だと思います!

つまり一番の関心ごとだと思うので気合いを入れて検証します(^^)/

出産時の費用(病院費用)

最初にお伝えしておきますが、病院にかかる費用は、かなり個人差が出ます。選ぶ病院によっても全然違いますし、入院時の部屋や食事等によっても金額が変わってきます。今回の検証は、平均値とかわ吉家の実際かかった費用を元に行って行きますので、ご理解をお願いいたします。

全国平均額は?

まずは、平均金額について、お話しします。出産費用の全国平均額は50万円です。これだけ聞くとびっくりする方もいると思いますが、健康保険から42万円の「出産育児一時金」が支給されます。ということは、実質負担は8万円となります。考え方によっては、全国平均が50万円だから、そこを頑張って安い病院を探せば42万円以下に抑えることもできると言うことですね。ちなみに、「出産育児一時金」は、出産時に支給されるものであり、支出に関係ないので、入院代等を節約すれば、支給額が上回って、利益になることも考えられます。ただ、かわ吉の個人的な意見としては、ママが安心できる・納得できる病院で出産するのが1番いいとは思いますが…家庭の事情はそれぞれなので、1つの案として捉えていただければと思います(^^)

出産育児一時金は立て替えるの?

ここで疑問を持つ方もいるかもしれません→「出産育児一時金」が出るのはわかったけど…これってとりあえず建て替えて支払ってから、後で申請してもらうのかなぁ、建て替えるのはちょっと無理かも…こう思った方もいるかもしれません(ーー;)ご安心下さい!今は健保から病院への直接支払が原則となっているので、書類等の記載は必要ですが、差額だけ支払えば大丈夫なんです!!
つまり病院等にこだわらなければ、そこまでお金がかからないと言うことですね!
ちなみにかわ吉家は、ママが産みたいところで産むのが一番だと思っていたので、出産方法や場所、口コミ等を参考にして、病院を決めました!とても病院には満足しました!
かわ吉家は、差額ですべて含めて20万円くらい支払いました。平均よりは少しかかりましたけど、無事に生まれてきてくれて、母子共に健康だったので大満足でした!!

まとめ

いかがでしたか?思っているよりもかからないんだと思った方が多いんじゃないでしょうか?私も50万円~100万円は覚悟していたので、この金額を知ったときはちょっと安心しました!
今回の病院費用としての予算は、全国平均で考えて算出するとして…10万円!!とします。少し多めに見積もっていますが、足りないよりはいいと思いますので、これでトータルを計算します!
その1では、5万円と算出しました!詳しくは下記のブログを見て下さい!

そして今回が10万円!ということは…

出産費用の予算として準備する金額は⇒15万円

ということになります!ただし、ここには、出産後の赤ちゃんの洋服等の金額は含まれていませんの誤解がないようにお願いしますm(_ _)m
里帰り出産の人は、その3を読んでいただければ、里帰り出産用の予算を記してありますので、そちらをご覧下さい!

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
またお会いしましょう!(^^)!