育児

耳をしきりに触る赤ちゃんは一度耳鼻科に行った方がいい!そういいきる理由は?【体験記】

耳をしきりに触る赤ちゃんのイメージ画像2

かわ吉の娘は2019年4月20日に手術をしました。

病名は、滲出性中耳炎。。

耳に溜まった液体を取り除くための手術です。

鼓膜を切開し、液体を取り除き、今回はチューブを入れてもらいました。

命に別状があるような手術ではないですが…娘の体の一部が切られるというのは、心苦しかったです…(T_T)

ただ、知っていれば防げた可能性があります!

そこで、かわ吉家のような思いをする家族を減らしたいので、今回かわ吉が経験して、こうしたら防げたかもという部分をご紹介します!

これは、中耳炎だけではなくいろんな病気に通ずるものがあるので、最後までお付き合いただけると幸いです!!

それでは本日も宜しくお願いします(^^)/

耳をしきりに触る赤ちゃん…娘がそうだった

耳をしきりに触る赤ちゃんのイメージ画像4    

事の発端は、昨年秋に娘が風邪を引いたことが始まりです。

熱が出たというよりは咳と鼻水が出ていました。いつもいく近所の病院で診察を受け、薬をもらって様子を見ました。

1週間ごとに病院に来るように言われていたので、毎週病院に行って薬をもらい毎日飲むという日々を繰り返していました。

なかなか治らないので、奥さんが周りのお友達に聞いて評判のよかった耳鼻科に連れて行きました。

そこは小児科と耳鼻科が一体になっていることもあり、とても人気の病院でした。

 

そこで急性中耳炎と診断されました。

急性中耳炎に応じた薬を処方してもらい、毎日飲み一週間が経てば病院に行くという生活を繰り返していました。

そんな日が3ヶ月ほど続きました。

奥さんは毎週病院行くのは大変だけど、病気だし仕方がないという気持ちで毎週頑張ってくれていました。

私も病院に行っているし、薬も飲んでいるのでいずれ治ると思い3ヶ月特に疑問を抱くことなく日々を過ごしていました。

しかし、咳・鼻水がなかなか治らないので、いつも私が行っている耳鼻科に行ってはどうかと打診しました。

奥さんは今の状況に疑問を持ちながらも今の病院に慣れているし、先生もいい先生なのでこのまま続けると決断しました。

私は、妻の決断を尊重し、現状のまま頑張って行こうとなりました。

その2日後、耳鼻科の日だったのですが、いろんなことが重なり、いつもの耳鼻科に行けない状況になりました。

でも、ここで病院に行っておかないと、いけない状況が続いてしまうことになる。

それは、薬もなくなるし、困った状況になる。パパ(かわ吉)がこの前提案してくれたし、パパの行っている耳鼻科に行ってみよう…とっさの判断で妻が今までとは違う耳鼻科に行くことを決断します。

この決断により、耳の奥に液体が溜まっていることがわかり、滲出性中耳炎と診断されます。

それと同時に手術を考えて下さいと提案されます。

しかも、ただ鼓膜を切るだけではなく、液体が溜まっていた時間が長いので、鼓膜を切開した後にチューブを入れる手術です。

私も妻も予期せぬ自体に困惑します。

そして、自分達で調べ、先生や看護師さんの話を聞いて、そこまで大変な手術ではないし、切開せずに将来難聴になるリスクがあるものを放っていくわけにはいかないと判断し、切開だけではなくチューブを挿入する手術を選択しました。

ここまでが手術に至った経緯です。。

中耳炎と診断されたあたりから、傷みがあるのか気持ち悪いのか、耳を良く触るようになりました。

手術と診断される直前はぐずっていたり、耳を触る回数が増えていました。

ちゃんと娘はサインを出していましたね(・_・;)

こういうサインをしっかりキャッチして耳鼻科に行けば、中耳炎になったとしても、手術まではしなくて大丈夫だったのかなと思います!

手術だったり悪化しないようにするためにも、耳をしきりに触る赤ちゃんは耳鼻科に連れていくのが大切だなと思います。

その辺の話を詳しくご紹介していきたいと思います!

中耳炎は痛みが伴うので、赤ちゃんはしきりに耳を触りだす!!

耳をしきりに触る赤ちゃんのイメージ画像3

中耳炎は、中耳という耳の奥の箇所が炎症を起こす現象です!

炎症が起こっているのですから、痛みだったり違和感だったりを赤ちゃんは感じ出します!

そうすると赤ちゃんはしきりに耳を触りだします!

かわ吉は始め髪の毛を抜く癖もあったので、そっちかなって思ってたので、気付くのが遅かったのですが、よく行動を観察してあげるのが大切です!

急性中耳炎だと耳垂れが出てくることもあるので、それが出てきた場合は、迷いなく耳鼻科に駆け込んでください!

風邪が引いた後に赤ちゃんが耳をしきりに触りだしたら怪しいと思いましょう!

赤ちゃんや子供の中耳炎の原因となるのは、鼻水です!

鼻水には、菌やウィルスがたくさん入ってます!

それらが原因で炎症を引き起こします!

ということは、風邪引いて鼻水がたくさん出ている、出ていた後は、中耳炎の危険があります!

風邪を引いた後に耳をしきりに触ったり、気にするようになったら、耳鼻科に行って欲しいなぁって思います!

病気は大人も子供も早期発見がいいに決まっているので…

「風邪の後、赤ちゃんや子供がしきりに耳を触りだしたら耳鼻科に行く」

という物差しを行動指針に加えていただきたいなって思います!

耳をしきりに触る赤ちゃんは一度耳鼻科に行った方がいい!そういいきる理由は?【体験記】のまとめ

耳をしきりに触る赤ちゃんのイメージ画像5

子供や赤ちゃんは中耳炎になりやすいです!

そのあたりについては別の記事でご紹介していますので、そちらをご覧ください!

↓中耳炎の種類や中耳炎になっても手術を防ぐために必要なことをまとめた記事はこちら↓

中耳炎になるのはもはや仕方がないです(^^;)

ただ、その後の病気は防げる可能性があります!

そのためにも、赤ちゃんの行動を観察して、耳をしきりに触るようなことがあれば迷わず耳鼻科に連れて行く!

これが適切な行動だと思います!

こういうことは知っていると知っていないで大きく変わってきます!

こういうちょっとした知識を増やしていくことの積み重ねが我が子を守る…かわ吉はそう思っています!

今できることを積み重ねて、楽しく健康的な子育てライフを一緒に送っていきましょうヾ(≧▽≦)ノ

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

またお会いしましょう(^^)/